クリーンケアシステム

クリーンケアシステムの考え方

クリーンケアシステムの考え方

クリーンケアシステムは医療施設に特化した清掃プログラムです。
マコトサービスが様々な現場で培った科学的根拠のある清掃技術と院内感染の防御
患者様視点のホスピタリティを踏まえたシステムです。

 

クリーンケアシステムの3つのポイント

科学的根拠のある清掃

科学的根拠のある清掃
  • CDCガイドラインを指針
  • EPA登録クリーナーの使用
  • スタンダードプリコーションを遵守
  • 血中病原体の安全な処理

接遇とマナー

接遇とマナー
  • 医療従事者としての自覚
  • 温かみのある対応

美観の維持

美観の維持
  • 安全なフロア管理
  • 清掃会議実施
  • 院内インスペクション実施

 

POINT01 科学的根拠のある清掃

ゾーニング管理

病院清掃においても病院内におけるゾーニング指標を用い感染管理の立場や感染経路別の予防策の考え方によって
感染リスクを正しく理解した上でのゾーニング管理を行います。

待合室(一般清潔区域)

待合室(一般清潔区域)

手術室(清潔区域)

手術室(清潔区域)

トイレ(汚染拡散防止区域)

トイレ(汚染拡散防止区域)

ゾーン別に使用ツールをカラー分けしています

ゾーン別に使用ツールをカラー分けしています

清掃資機材による交差汚染を防ぐために、複数の色わけをしたクロスやモップを使用しており、
ゾーニング管理の徹底に勤めております。

マイクロファイバー製品の使用

毎日の清掃で使用するモップ・クロスについては、マイクロファイバー製品を導入しております。

マイクロファイバーは、ポリエステルとナイロンで構成される、
超極細の繊維です。

従来からの清掃で使用されている綿製品のモップと違い、
繊維の密度が高く、細かな隙間の汚れまでかき出します。

マイクロファイバー製品の使用

EPA登録クリーナーの使用

EPA登録クリーナーの使用

 

クリーンケアシステムでは*EPA登録クリーナーを日常的に使用します。
EPA登録クリーナーとは薬剤効果と安全性の試験をクリアしたもので、床材やワックスを劣化させずに汚れを除去し消毒も行うことができます、
アメリカの病院ではこれらを使用した消毒清掃が定められています。
*EPA=米国環境保護局

洗剤名使用対象特徴と効果
スーパーHDQLフロア・壁・テーブル・便器等大腸菌・MRSA・VRE・サルモネラ菌・緑膿菌等に効果的
ナバック便器・洗面シンク・床・シャワ-黄色ブドウ球菌・MRSA・VRE・ 緑膿菌等に効果
ヘパサイドコートフロア・壁・テ-ブル・便器等HBV・HIV・黄色ブドウ球菌・連鎖球菌に効果 (B型肝炎に効果を発揮)
TBサイドコートフロア・壁・テ-ブル・便器等結核菌・HIV・黄色ブドウ球菌 他複数の菌に効果

 

六面体・接触部位への清掃

日常清掃では、床・壁・天井の六面体を意識した清掃を実施します。
また、多数の方が手をふれられる、ドアノブ・手摺り・エレベータースイッチなどは接触感染の経路となりえますので、毎日の除菌拭きを徹底いたしております。

六面体・接触部位への清掃

六面体・接触部位への清掃

六面体・接触部位への清掃

六面体・接触部位への清掃

 

POINT02 接遇・マナー・教育

スタッフ教育の充実

正しい基準の理解や清掃目的、作業を行う為徹底したスタッフ教育を行います。
今までの清掃=『汚れの除去行為』という考え方から『清潔を維持する行為』に転換し質の改善を実践します。

採用時研修

採用時研修

  • マナー・接遇
  • 技術研修
  • 危機管理教育
  • 情報管理教育

スタッフ研修

スタッフ研修

  • 問題点改善    
  • フォローアップ研修

責任者研修

責任者研修

  • 新人・中堅への指導方法
  • 管理業務
  • 事業所責任者会議

接遇・マナー・技術・清掃知識等のトレーニング

接遇・マナー・技術・清掃知識等のトレーニング

病院で働く皆様と共に患者様によりよい環境をご提供できるよう、弊社専門チームによる徹底した教育による継続的人材育成を行ってまいります。

スタンダードプレコーションのトレーニング

スタンダードプレコーションのトレーニング

「自分の身を守る事」「伝播経路にならない事」の徹底=スタンダードプレコーション(標準予防策)の徹底を全従業員にさせています。

感染症に対する対策と教育

標準予防策以外に伝染性、病原性の強い感染症に対し感染経路別の予防策の措置を適用させて頂きます。
以下この時期に多い感染症で特に伝播経路にならない、感染経路の遮断としての予防策の例を上げさせていただきます。

インフルエンザ対策

  • 流行期(11月〰2月)の事前に基礎知識の再教育
  • 流行期にマスク着用の徹底
  • 予防接種を業務従事者全員受ける

ノロウィルス対策

  • 流行期(11月〰2月)の事前に基礎知識の再教育
  • 流行期に手袋の取替頻度を上げる。着用の徹底。
  • 流行期に接触部位の次亜塩素酸ナトリウムでの除菌拭きの徹底。

 

POINT03 美観の維持

転倒防止の安全基準をクリアしたワックスの使用

転倒防止の安全基準をクリアしたワックスの使用

病院のフロアは安全でなくてはいけません。
滑り過ぎず、滑らなさ過ぎず、安全で快適なワックス管理を行います。

安全基準:ASTM D2047の基準(0.5)

※使用するワックスは、環境にも配慮し、亜鉛による金属架橋およびスチレンは含んでおりません。

 

お客様・本部員による満足度・美観度チェック

お客様・本部員による満足度・美観度チェック

半年に一回程度、病院職員さまからの満足度を調査する為、アンケートを実施いたします。また、定期的に本部社員による美観度モニタリングを行なっております。

定例清掃会議の実施

定例清掃会議の実施

月に1度程度の清掃会議を開催させていただき、経営者さま、管理者さま、現場職員さまと意見を交わすことで、より高い顧客満足へと繋げて参ります。